アトリエ mimaRe

​(アトリエミマレ)

​活動歴

2014年

京都市南青少年活動センター「mimaReの空飛ぶポスカ展」開催

2015年

第87回新構造展 F10「自画像」 小品部門奨励賞

2016年

・東急プラザ銀座ヒンカリンカ内3階 巨大壁画「24gのGINZA」

・京都アイアイ社内空間アート「25イニング」

・第88回新構造展 「二人の睡眠」 小品部門奨励賞

・SOMPOサッカーアートコンテスト 「ワールドカップ」 

 京都府代表・アイアイ賞のダブル受賞

京都北山の美容室 ヘアーショーモデルの衣装担当

2017年

・横浜AAAGALLERY「アトリエmimaRe展」開催
・第89回新構造展 「フラッシュバック」 小品部門入選

・SOMPOパラリンアートカップ 「バスケvsサッカーin宇宙」

  審査員特別賞

 

2018年

・第90回記念新構造展 F60「パツル」入選 

 F6「プロポーズ」会友推薦 小品部門奨励賞

・9月東急プラザ銀座ヒンカリンカ内3階

 「24gのGINZA」3mほど壁画を追加制作

2019年

・横浜・オーストリアで開催された「国際平和美術展」に出展

​・英国王立美術家協会の名誉会員に招待されたが辞退

・第35回新構造神奈川展 F50「22週」川崎商工会議所会頭賞

「可能性アートプロジェクト展 in 長楽寺 2019」で「パツル」が選出

2020年

・ちいさいおうち Gallery Little Houseの選抜作家展

 「色彩の世界展~まだ見ぬ京都へ~」に選出

・「パツル」のプリマグラフィがトッパン小石川ビルにて展示

・VR展覧会「可能性アートプロジェクト展 in 大徳寺 瑞峯院」に選出され

 紙製飲料容器のパッケージ『可能性アートカートカン』へ展開

2021年

・第30回 全日本アートサロン絵画大賞展

  「あの日窓から見た空っぽの世界」入選

・「Mellow Art Award 2020」で4作品が入賞し、

 アート配信アプリ「Mellow」にて配信

・株式会社 nail for all ×Jouganmiki「ハピネス」コラボエコバッグ配布
 

所属団体など

・新構造社会友

・オーロラ・アートセラピスト

(オーロラ・アートセラピーインストラクターコース修了) 

・パラリンアートアーティスト 

・障がい者アート協会アーティスト

・京都のフリーペーパー「あーる・じぇい」間違い探しイラスト担当

メディア掲載

・「mimaReの空飛ぶポスカ展」京都新聞掲載
・京都地域誌フリーペーパー「あーる・じぇい」mimaRe特集掲載・執筆

2016年

・フリーペーパー「Route」アトリエmimaRe特集掲載

・NHKバリバラ「バリコレ」放映・ココライフ女子部「バリコレ」モデル掲載
・サッカーアートコンテスト贈呈式KBS京都内にて放送

 

2017年
・奄美大島や鹿児島のメディアにて

 Co-Co Life☆女子部のスキューバダイビングロケが掲載・放映
 Co-Co Life☆女子部夏号「街散歩」モデル・ライター・イラスト担当

・Co-Co Life☆女子部京都版 表紙&「街散歩」モデル

2018年

・Co-Co Life☆女子部web記事 「バリアフリー2018」訪問レポート掲載

・映画『37 Seconds』の題材インタビュー&エキストラで協力

 『37 Seconds』は、2019年ベルリン国際映画祭パノラマ部門で、

 観客賞と国際アートシアター連盟賞を受賞

 

2019年

・7月16日発売の「首都圏バリアフリーなグルメガイド」(交通新聞社)にて、

 インフルエンサーとして登場

​・Co-Co Life☆女子部京都版Vol.9にて「つえ屋」を取材

 

2020年

・「Co-wardrobe」のユニバーサルファッションのインタビュー記事に登場

2021年

4月にインターネットラジオ「ゆめのたね放送局」の

 「あなたにとどけるメッセージ」でSophiaさんと対談

絵画以外の活動や資格

水性ネイル「Shells coat(シェルズコート)」の代理店

・正統派飛星派 易占師(横浜雲視台の陳希夷先生から易占いを学ぶ)

・webサイト「Be Happy!」ライター 

・webサイト「Love Handi(休止中)」ライター

・Co-Co Life☆女子部読者サポーター

・スマイルカラーセラピスト レベル1

​・聴き方カウンセラー2級認定

アメブロ・Twitter・Instagram

  • アメブロ
  • Twitter - Black Circle
  • Instagram

イラストレーターになってから

初めて描いた絵画「アトリエ」

アイデアの方式

私は美術学校に通っていた訳でもなく

油絵が何なのかさえ説明ができないほど、美術は詳しくない。

ただ、私には「アイデアの方式」がある。

①連想ゲーム方式

私は描きたい時ほど、絵が描けない。
そのため、最初に図形を描き、連想しながら絵を描きあげる。

私は製図を習っていたからか、

図形は「アイデアの基盤」と思っている。

連想ゲーム方式に、テーマやイメージを求められると、

より絵が華やかになる。

また、依頼者と話せれば、より面白い絵が描ける。

ちなみに、連想ゲーム方式で描いた絵は、

向きが決まっていないことが多い。

②歩くカメラ方式

私には、綺麗な絵が描けない。

どれだけ、練習しても描けない。

しかし、他人の絵を見たり、気になる風景を発見したら

後々、綺麗な絵が完成する。

過去の例だと、数分間だけ

描かないジャンルの人間が描けたことがある。

あとで、ネットで見ていたアーティストの人の絵が、

うつっていたことが判明。

私自身、真似をしたいわけでもなく

だから、気になる絵や風景は、数秒見て目を閉じ、

「歩くカメラ」になり心に残すように心がけている。

私が無言で何かを眺める時間は、

「歩くカメラ」になっている時だ。

今は意識をしなくても「歩くカメラ」の状態に陥ることが多い。

  全てのページ無断転載など禁止です     © 2017 ateliermimare All Rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now